肥満予防ができる特徴がある

猫に限ったことではなく、人間でも肥満になれば身体のあらゆる箇所が悪くなります。軽い症状であれば膝や腰を痛め、メタボリック症候群になりますが、最悪のケースでは生活習慣病に発展する可能性もあります。猫も同様に一般的な猫の体重よりも大幅に体重が重いと脚などに負担がかかります。また、身体が大きくなることで心臓に負担を与える可能性もあります。

犬であれば散歩量を増やして運動を多めにさせたりすることができますが、猫を飼っている飼主さんの中には散歩を行かない人も多いので、散歩ではなく家の中で痩せさせたいと考える人も少なくありません。一方で家の中でも運動できるスペースが限られるので、効率的に体脂肪を落とすことができないこともあります。

そこで食事制限をする人もいます。食事制限は正しく行わなければ猫が十分に栄養を摂ることができなかったりするため、過度にフード量を少なくすると逆に身体へ負担を与えてしまいます。穀物不使用のキャットフードを選択すれば、不要な栄養素が少なくダイエットをサポートできる可能性があります。この特徴があるため、アレルギー対策だけでなく肥満予防、肥満対策に活用している飼主さんは少なくありません。