アレルギー対策に活用できる特徴がある

猫がアレルギー反応を起こす食べ物は決して穀物に限られたことではありません。しかし、比較的アレルギー反応を起こしやすいとされています。穀物としては主にとうもろこしや小麦などが挙げられます。揚げ物などで小麦を使用し、とうもろこしをバーベキューなどに持っていき、網の上で焼いた経験をされたことがある人も少なくないでしょう。しかしながら、このように基本的に人間なら美味しく食べられる食材でも、猫にとっては身体に負担を与えてしまう可能性があるので注意する必要があります。

穀物アレルギーになると様々な症状が見られます。軽度であれば痒みなどから自分の肌を掻きむしります。執拗に掻きむしる子も珍しくなく、執拗に同じ箇所を掻きむしるとその部分に傷ができてしまい、そこから化膿する恐れがあります。掻きむしるのではなく舐める子もいます。

症状が重度になると外耳炎などを引き起こし、人間が見ても様子がおかしいのがわかるので、動物病院に連れて行く飼主さんが多いです。穀物不使用のキャットフードに変更することでアレルギー対策やその予防をすることができるので、穀物不使用のものに変更すれば猫のアレルギー症状が軽減される可能性があります。もし猫のアレルギーに悩みを抱いている方は症状を軽くするために穀物不使用のものを選択しましょう。