穀物不使用のその他の特徴

このように穀物不使用のキャットフードには様々な特徴がありますが、その他にも消化を助けることがある点が特徴の一つです。猫は基本的に魚や肉を食べる動物です。そのため、猫の中には穀物を上手く消化することができない子も少なくありません。消化することができなければ下痢や嘔吐など消化器官の異常を示す症状が現れることがあります。便が柔らかいことに悩んでいる飼主さんも少なくないでしょう。もし自宅で与えているキャットフードの原材料に小麦やとうもろこしの記載がある場合、穀物も原因の一つとして考えることができるでしょう。

穀物不使用のものを猫に与えることで当然穀物を消化する必要がありませんから、消化を改善できる可能性があります。また、穀物不使用の多くのキャットフードは必要なタンパク質を豊富に含んでおり、胃腸に優しい製品が多いので、消化不良などを起こす心配が少なくなります。

現在では穀物不使用の商品はグレインフリーとパッケージに記載されていますから、すぐに穀物不使用である商品かどうかを判別できますが、選ぶ時は穀物不使用な点だけでなく、添加物が含まれているかどうか、どのような病気の対策を行っているのかを予め確認して適切なキャットフードを選択しましょう。

肥満予防ができる特徴がある

猫に限ったことではなく、人間でも肥満になれば身体のあらゆる箇所が悪くなります。軽い症状であれば膝や腰を痛め、メタボリック症候群になりますが、最悪のケースでは生活習慣病に発展する可能性もあります。猫も同様に一般的な猫の体重よりも大幅に体重が重いと脚などに負担がかかります。また、身体が大きくなることで心臓に負担を与える可能性もあります。

犬であれば散歩量を増やして運動を多めにさせたりすることができますが、猫を飼っている飼主さんの中には散歩を行かない人も多いので、散歩ではなく家の中で痩せさせたいと考える人も少なくありません。一方で家の中でも運動できるスペースが限られるので、効率的に体脂肪を落とすことができないこともあります。

そこで食事制限をする人もいます。食事制限は正しく行わなければ猫が十分に栄養を摂ることができなかったりするため、過度にフード量を少なくすると逆に身体へ負担を与えてしまいます。穀物不使用のキャットフードを選択すれば、不要な栄養素が少なくダイエットをサポートできる可能性があります。この特徴があるため、アレルギー対策だけでなく肥満予防、肥満対策に活用している飼主さんは少なくありません。

アレルギー対策に活用できる特徴がある

猫がアレルギー反応を起こす食べ物は決して穀物に限られたことではありません。しかし、比較的アレルギー反応を起こしやすいとされています。穀物としては主にとうもろこしや小麦などが挙げられます。揚げ物などで小麦を使用し、とうもろこしをバーベキューなどに持っていき、網の上で焼いた経験をされたことがある人も少なくないでしょう。しかしながら、このように基本的に人間なら美味しく食べられる食材でも、猫にとっては身体に負担を与えてしまう可能性があるので注意する必要があります。

穀物アレルギーになると様々な症状が見られます。軽度であれば痒みなどから自分の肌を掻きむしります。執拗に掻きむしる子も珍しくなく、執拗に同じ箇所を掻きむしるとその部分に傷ができてしまい、そこから化膿する恐れがあります。掻きむしるのではなく舐める子もいます。

症状が重度になると外耳炎などを引き起こし、人間が見ても様子がおかしいのがわかるので、動物病院に連れて行く飼主さんが多いです。穀物不使用のキャットフードに変更することでアレルギー対策やその予防をすることができるので、穀物不使用のものに変更すれば猫のアレルギー症状が軽減される可能性があります。もし猫のアレルギーに悩みを抱いている方は症状を軽くするために穀物不使用のものを選択しましょう。

キャットフードの中には穀物不使用のものがある

これから猫を購入し、一緒に暮らしたいと思っている人や、お家で飼っている猫には現在のキャットフードが向いていないのではないかと考えている人など、新たにキャットフードの購入を検討している人も多くいるでしょう。キャットフードとは猫が主に食べる食品のことで、一般的にペットによってフードの内容は変化します。従来においては粗悪なものも販売されていました。しかしながら、現在では原材料などに詳しい飼い主が多くいるため、販売業者でも改良がされており、従来にはない高品質なものがたくさん登場しています。

食べ物は人間においても同様なように、身体を健康的に保つために重要なポイントの一つです。例えば食事からタンパク質を吸収することができ、ビタミンCやビタミンE等の身体には欠かすことができない栄養素を吸収することができます。栄養バランスを考えたキャットフードを選択することで健康維持等の効果を取得することができます。

一方で人間には食べられるものでも猫にとっては有害な食べ物があります。例えば犬を例にすれば玉ねぎやチョコレートです。猫も同様に人間が普段から食べている食品の中には食べてはいけない、避けるべき食品があります。それは穀物です。穀物は猫にとっては負担な食べ物で、基本的には原材料などを確認してそれが含まれていないものを選択する人が多いです。実際に穀物不使用のものが販売されていますが、そのキャットフードの特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。

穀物不使用のキャットフードがおすすめ